肩や首のこりの正しい認識

肩や首のコリとは筋肉のこわばりです。こわばった筋肉は血行不良をおこすことで、だるさや重さとなります。その中でも、しつこい肩や首のコリに共通していることがあります。

インナーマッスル(深層筋)にコリがみられることです。

表層にある筋肉のコリも辛いもんです。しかし、カラダがだるいや重いと始終感じる場合は、より深くの筋肉であるインナーマッスルにコリがあるためです。

インナーマッスルは、関節の動作や固定・安定させるために働き、骨格を支え身体の軸を司る筋肉であると言えます。姿勢の悪さや、長時間の事務作業は、インナーマッスルを酷使し続けています。
同時にインナーマッスルは、小さい筋肉であるために、筋肉の特徴である収縮と弛緩が少なく、簡単な運動では動きにくい面があります。インナーマッスル(深層筋)の過度の緊張が改善されれば、身体の軽さと滑らかな運動が得られます。

また、骨格にゆがみが存在することで、身体の軸がくずれ、インナーマッスルが余計に働き、さらになる負担となります。

当院では、首の治療を行うことで、インナーマッスルを中心としたマニュプレーション(手技療法)と骨格のゆがみの改善を行い、中から症状の改善を図って行きます。

これまで、症状の改善がされにくい方にこそ受けて頂きたい施術です。

首の施術(AOC)