頚椎椎間板ヘルニア

頚椎椎間板ヘルニアがみられる方は椎間板だけでなく、首の深層筋(インナーマッスル)や骨格に問題を抱えている方が多くみられます。ひどい肩や首のコリ。首の動きの悪さや痛み。原因となる姿勢や使い過ぎや老化は、椎間板のみに負担を強いている訳ではなく、首の器質的なバランスを崩していることが言えます。

当院でのAOC治療は、首のバランスを整えることを行います。頚椎の骨格を正しい状態にし、同時に筋肉の状態を整えることを行います。これは、椎間板に偏る負担を軽減させると同時に、神経症状を軽減させ、日常生活を通常道理行えるようにするために、施術です。
保存療法では、ヘルニア(飛び出た)をおこした椎間板を取り除く事は出来ません。しかし、症状の改善は十分可能です。

首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)

頚椎椎間板ヘルニアは頚椎=首の骨椎間板=脊椎と脊椎のクッション材ヘルニア=飛び出ることつまり脊椎の椎間板が飛び出たこととなります。飛び出たことにより、近くを走る神経が圧迫され、症状があらわれます。首では、頚椎椎間板ヘルニア胸では、胸椎椎間板ヘルニア腰では、腰椎椎間板ヘルニアと、場所によって名前が変わります。
頚椎椎間板ヘルニア

首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)の症状

首や肩、腕に痛みやしびれを出すことや、重篤になった場合は、歩行障害や尿失禁などもみられます。また、症状の出方として、神経圧迫が片方であれば、圧迫側に症状がみらえます。神経圧迫が両側性であれば、両側に症状がみられます。
頚椎椎間板ヘルニアの症状表
また、頚椎椎間板ヘルニアの固有症状がみられることは実はまれで、ほとんどは他の首の疾患にみられる症状が多くを占めます。つまり、症状から頚椎椎間板ヘルニアの診断には繋がらないこと多くみられます。首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)の原因

スポーツによる強い衝撃や反復的な衝撃姿勢の悪さ、猫背や頭部を前に倒し続ける加齢や遺伝的要因年齢を重ねる事により、耐力がなくなる遺伝的要因は、体質的に椎間板の耐久力が弱い家系遺伝病ではありません。椎間板を起こしやすい家系ということです。

首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)の分類
正常な椎間板

脊髄神経型

椎間板が真っ直ぐ後方に逸脱し、脊髄神経に触れている状態。症状は下半身や内臓機能に症状が現れつこともあります。脊髄神経症状

神経根型

椎間板が斜め後ろに逸脱し、枝分かれした神経に触れている状態。症状は上半身片側に表れやすい。神経根症状

首のヘルニア(頚椎椎間板ヘルニア)の検査

MRIが基本となります。レントゲンや問診・触診では正確な診断はできません。レントゲンでは、骨しか映らないため、椎間板のようなX線をすり抜ける部分では、画像に写りません。問診・触診・徒手検査などの診察室で行う検査では、他の疾患との鑑別診断が行えないため、診断には至りません。これは、頚椎症や胸郭出口症候群と症状が類似するためでもあります。頚椎椎間板ヘルニアの固有症状は、ほとんど無く中には無症状の方も多くおいでるためでもあります。また、診断は医師のおこなう行為です。接骨院や鍼灸院などの国家資格を持っている施術者もちろん整体院やカイロプラクティック院などの国家資格を持たない方は診断や傷病名を付けることができません。

病院での治療

保存療法と手術療法が主な治療法になります。

  • 保存療法

頚椎牽引や電機療法・温熱療法を主とし、神経ブロック注射などが行われます。患部の負担を軽減し、症状の鎮静化を待ちます。

  • 手術療法

飛び出た椎間板を除去します。また、術式については各病院で多少違いがありますので、こちらでの説明は控えます。
手術療法を取らない治療は、症状の鎮静化を待つのが基本となり、患者様とそては歯がゆい思いをされることとなり易い傾向があります。

当院での治療

当院では、頚椎椎間板ヘルニアに対しては、筋肉の改善と頚椎に生じたゆがみの改善させる治療を行ないます。

神経症状を訴えられる方は、筋肉でも深層筋(インナーマッスル)に過度の緊張を起こしていることがより強い神経症状へと繋がります。同時に頚椎のゆがみを改善することで、相乗的に治療を行ないます。

首のゆがみを改善し頚部のバランスを整え、深層筋の過緊張を改善することは、神経症状の改善に効果的です。

首の治療(AOC治療)