首の骨である頚椎に負担が掛かることで「骨棘」という骨の変形を起こし、骨棘が神経に触れることで、神経を圧迫し手や腕、肩、背中に痛みやしびれなどの症状があらわれます。頚椎椎間板ヘルニアと症状は近いものがありまが、違いは椎間板が飛び出ているかどうかです。
頚椎症は頚椎の変形(骨棘)ができるまでに時間がかかるため、年齢が高めになる傾向があり、頚椎椎間板ヘルニアは逆に年齢が低めの方に多い傾向があります。頚椎症

頚椎症の原因

首の骨である頚椎どうしがぶつかることにより、骨が肥厚し骨棘が出来ます。出来た骨棘が神経に触れることで、症状に繋がります。神経に頻繁に触れることで、神経がはれて膨らむことで、より症状を出しやすくなります。つまり、長年の首への負担と日常的な負担が重なることで原因となります。姿勢が悪い方やむちうちを過去に起こした方に多くみられます。

頚椎症の症状・分類

頚椎症性神経根症

頚椎が骨棘または変性をおこすことにより、脊髄から枝分かれした神経に触れることで症状が出ます。症状は手や腕、肩、背中の痛みやしびれなどの上半身で片側に表れます。

頚椎症性脊髄症

頚椎が骨棘または変性により、脊髄にふれることにより、症状が出ます。症状は圧迫された部分により異なり、手に行く神経であれば手の痛み・知覚異常・筋力低下などがみられ、足肉神経であれば足の痛み・知覚異常・筋力低下や歩行制限などもみられます。排尿制限などもみられることもあります。

頚椎症の当院では

頚椎症の症状がみられることは、骨棘や変性だけがおこすのではなく、神経に触れることが症状に繋がります。触れた神経には腫れがおこっており、より神経を刺激しやすい状態となってしまいます。その状況を改善するためには、首のバランスを整え神経の通り道に余裕をあたえることが、重要となります。
首の負担を取り除き頚椎を整えるアトラスオーソゴナル・カイロプラクティックをおすすめします。

首の施術(AOC)

頚椎と同時にインナーマッスルのバランスを整えることで、手への神経の通り道にゆとりを作ることが目的となります。
また、状態により日常生活で問題となる部分に違いがあるため、症状に合わせた注意点の指導も行っていきます。
頚椎症の症状を抱えていらしても、他の要因で症状を強くさせている要素も検討しながら施術を進めていきます。