自律神経失調症

症状
・突然動悸がする、脈が速くなる、脈がとぶ
・息苦しい、吸っても吸っても酸素がはいってこない気がする。喉がつまった感じがする
・吐き気がする、胃が痛い、下痢が続く…
・頭痛、耳鳴り、めまい、汗がとまらない、ふわふわした雲の上を歩いている感じ
・だるくてすぐ横になってしまう

自律神経失調症とは、全身をめぐり身体の多くの神経が自律神経にあり、その神経の活動に問題をおこすことでみられます。

自律神経は脳から首を通り全身に分布する神経です。通り道でもある首の深層筋にこわばりや頚椎にゆがみがおこることは、内部を通る神経に影響を与え、神経干渉を引き起こし自律神経の活動に制限を掛けます。

特に脳から直接、末梢神経となる脳神経の第Ⅹ番目の神経である迷走神経は、副交感神経を主体に構成される重要な末梢神経です。迷走神経の副交感神経は、心拍の調節、胃腸の蠕動運動(内容物を先に送る)、発汗や発熱、血圧の調節を行い、生命維持で重要な役割を担います。

頚椎(アトラス)のゆがみは、迷走神経の活動を抑制し、副交感神経の機能低下につながり、交感神経優位に働きます。

首の治療(AOC治療)がアトラスを整えることで、頚椎のゆがみを改善と共に神経干渉を改善させるために効果を発揮します。

自律神経とは

自律神経とは、内臓・血管・腺などへ繋がり、 各臓器を自動的に調節するための末梢神経の一つです。 自律神経には、交感神経と副交感神経が存在し 昼と夜を分ける神経ともいわれ、 交感神経は昼に活発(活動時)に 副交感神経は夜に活発(安静時)に働き中枢神経以外を末梢神経と呼びます。 自律神経に関してはどちらかだけが働くのではなく、 共に働き続けている拮抗支配というものです。
神経の構成

自律神経の構造

自律神経には交感神経と副交感神経は別々に存在しそれぞれ別々なところから枝分かれしています。上記の図で見てもわかるように、交感神経は胴体部分に多く、副交感神経は首より上とお尻の部分から分岐するのです。
自律神経の走行

自律神経の機能

各臓器での役割が存在し、下記のような表となるのです。上記のように、双方が働きあいながら作用(拮抗支配)しますが、臓器によっては単独で作用している部分も存在しています。また、昼と夜の神経とも言われるように、自動調節の中にはタイムスケジュールのように時間帯によって変化させます。そのため、活動時・休息時に作用するとともに、時間帯より作用もそれぞれ存在しています。

交感神経と副交感神経の違い

自律神経は自然に調節(無意識)してくれている人体の調節機構です。大きく分けて、交感神経と副交感神経があり、交感神経は活動時、あるいは昼間副交感神経は休息時、あるいは夜間強く働いています。自律神経自体は拮抗支配つまり、同時に働いています。

交感神経が働くとき


活動時つまり昼間に活発に働きます。
などの日中に優位に働きます

副交感神経が働くとき


休憩時、つまり夜に活発に働きます
リラックス神経とも言われています

自律神経失調症の治療

当院での自律神経失調症への治療は首の筋への治療のためマニュプレーション(手技療法)と、首のゆがみを改善するめのアトラスオーソゴナル・カイロプラクティックにて、神経圧迫・神経干渉を改善します。

自律神経の中でも、迷走神経が最も影響を受けやすく、頚椎にゆがみがおこることで、迷走神経の神経干渉により副交感神経の機能低下がおこり、交感神経優位になります。

アトラスオーソゴナル・カイロプラクティック(AOC治療)は頚椎のゆがみの改善をおこない、神経干渉を改善し、自律神経の正常な働きを助けとなる施術です。

首の治療(AOC治療)