手のしびれが朝起きるときにでる原因と対策

手のしびれが朝起きたときに手がしびれていることがあります。一度やたまにならさほど気にもなりません。しかし、毎日や短期間に何度も起こる場合は、何かおかしいと感じるでしょう。何かが身体に起きているのでは…と考えるでしょう。そう考えるのは当然のことと私も思います。

しびれとは「何かを知ることが対策を講じるためにも重要です

 

しびれが走る

 

しびれの多くが神経や血管が圧迫されたことでおこります。神経や血管は身体の中を骨と筋肉の間を縫うように通ります。その神経や血管は骨に触れたことや、筋肉がこり固まることで圧迫を受けしびれがおこります。どこに圧迫された場所があるのかを知ることが重要となります。

 

朝おきたときの手のしびれが何が原因?

 

手のしびれをおこす場所、つまり圧迫させる場所は、首や肩まわり、肘や腕に多くみられます。そのことを踏まえて、お話しします。

1・枕の高さが原因

マクラ

枕の高さが低いことによりしびれがおこります。腕の神経は首から枝分かれします。その部分は非常に狭く、神経が最も圧迫しやすい部分です。その神経は、枕が低いことでより狭くなり、しびれとなります。片腕がしびれることが特徴的です。多くの場合は低いことでおこります。枕の下にタオルをはさみ高さを増すことで、手軽に調節ができます。枕の高さを見直すことでの改善が見込めます。

2・疲労による筋肉のこわばりが原因

寝ているわんこ

肩や腕の筋肉に疲労があり、硬くなることで神経や血管にしびれがおこることで、しびれます。筋肉はじっと動かないでいると硬くなります。これは筋肉の特性としてあります。夜寝ていても、休んでいるのですが、じっとしていると硬くなる筋肉の特性で神経や血管を圧迫ししびれがでます。これは、片方や両方とそれぞれありますが、冷えも伴いやすくなります。寝るまえに、ゆっくり入浴することや、ストレッチをしっかり行うことで軽減が見込めます。

まとめ

まとめ

朝におこる手のしびれを訴えられる方は、結構おいでます。そんなしびれは時間での区切りがはっきりしているため、原因はある程度絞ることができます。がしかし、本来健康な方はこのようにしびれることは、あまりありません。このようにしびれを訴える方は、首や肩・腕に何らかの問題を抱えているためにおこるものです。そのため、この上記の対策では解決しないこともあります。そのような場合は、医療機関の受診をおすすめします。頚椎椎間板ヘルニアや頚椎症・胸郭下口症候群などの頚椎の疾患や肘部管症候群・手根管症候群などの腕や手の疾患、脳血管障害などを疑う必要もあります。当院でも治療やご相談は受け付けております。お気軽にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください