ストレートネックと肩こり首こりの改善法

ストレートネックは現代病

スマートフォン

近年、パソコンやスマホの普及が急速に進み、画面を見る距離がどんどん近くなり、手元の物を見ることが増えてきました。それは、猫背をおこし易くするだけではなく、ストレートネックという頚椎の異常につながってきています。そのため、肩こりや首こりがより多くなり、また程度も強いものへと変化してきています。

ストレートネックとは

肩の痛み

首の骨である頚椎は本来、前に湾曲しています。ですが、ストレートネックの場合その湾曲が失われ、頚椎が真っ直ぐになっています。人の背骨前後に生理的湾曲があり、腰は前へ湾曲し、胸は後ろへと首は前へ湾曲し、S字状に湾曲しています。ストレートネックの方はその生理的湾曲が首の部分だけ失われた状態にあります。生理的湾曲は本来、衝撃吸収と内臓機能の維持のためにありますが、その機能の一部が失われた状態です。これは、首が正常より無理をしながら頭を支えることになり、肩こり首こりをより強いものにし、頭痛やしびれ・自律神経失調症などの原因にもなります。また、歩くや走るときの地面からの衝撃も正常より強いものになり肩や首に余計な負担にもなります。

ストレートネックの判断

レントゲン撮影を行うか、当院のような頚椎について詳しいカイロプラクティック院などで判断するしかありません。よくWebなどでは、ストレートネックの判断法がありますが、正確さにかけ偏った結果になりかねません。ストレートネックとは重心線上に頭か来ている状態での頚椎の状態を指します。そのため、猫背だからストレートネックであるとも言い難いのが事実です。

ストレートネックの原因

頚椎の生理的湾曲が失われた状態の方は、長期間に及び頭を前に傾ける姿勢を取り続けたことが主な原因です。また、遺伝的要素もありストレートネックの親御さんから生まれた方は、比較的ストレートネックの場合があります。頚椎は、ストレートネックの状態になるとゆがみを伴います。それは、ストレートネックになる過程で、頭を前に倒す姿勢が頚椎を無理やり広げ続けることを意味し、その状態が長時間に及ぶと筋肉や靭帯が伸び切り、頚椎の安定性が失われることになります。頚椎での関節の緩みはかみ合わせが悪くします。結果、頚椎のゆがみとなります。また、ストレートネックは頚椎のみが原因ではなく、周囲の筋肉にも問題があります。長年に渡って頭を前に倒す姿勢を取り続けたために、筋肉が生理的湾曲を維持する力を失ったためでもあります。これにより、真っ直ぐな姿勢になると生理的湾曲が自然と取れるべきですが、筋肉に骨格を保持する力が足りなく、生理的湾曲を作れない状態です。

ストレートネックになってしまったら、または予防するには?

デスクに向かう

スマホやパソコンをみること自体を避けられる方は、避けるようにしましょう。しかし、仕事などでどうしても避けられない方は、運動を行い姿勢に意識する必要があります。また、当院では、首にかかる負担を頚椎と筋肉のバランスを整えることで、症状の軽減につながります。運動は、仕事などでは働かない筋肉を活発に使うことで、筋力の維持や老廃物を流す効果が期待できます。普段運動しない方は、ウォーキングで腕を振りながら行うことも効果的です。また、運動量が物足りない方はジョギングもとても効果的です。姿勢は、パソコンでは画面の高さを調節することをお勧めします。姿勢を正し、パソコンの画面の中心が目線より13°下になるようセットすることで、頚椎にかかる負担が最小限になります。また、仕事中には時より立ち上がり、歩いたり背伸びをしたりと身体を少しでも動かすことも大切です。

まとめ

まとめ

世の中では猫背もストレートネックであるような表現がよく目にしますが、実際にストレートネックである方は、そこまで多くありません。しかし、猫背でもストレートネックであっても肩こりや首こりはおこります。負担も共に大きいのも事実です。放って置かずに、改善に努めることをお勧めします。また、当院でも症状改善にお力になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください