自律神経失調症を自律神経の本質から整える

我々は生活していく上で、考えたり、行動したり、話しをしたりと意志をもって毎日を送っています。しかし、私たちは身体を自分の意志だけで生命維持ができるわけではありません。

チェック

食事をすると胃や腸で消化や栄養の吸収を行います。暑いときには勝手に汗が出て、寒いときには震えるでしょう。走ったりすれば脈拍が早くなるでしょう。悲しいときには涙もでるでしょう。このような身体の反応は自律神経が調節しています。そう、自律神経とは身体を自動的に調節する神経なのです。

自律神経とは

自律神経とは、内臓・血管・汗腺などをコントロールします。身体を動かしたり、話しをしたり、物事を考えたりするために命令を送る神経を体性神経と言いますが、それ以外で我々の意識に関係なく自動的に命令を送っている神経を自律神経と言います。

シーソー

自律神経の中にも、2つ神経が存在しています。交感神経と副交感神経です。交感神経は活動時に活発に働き昼の神経と呼ばれ、副交感神経は休息時に活発に働き夜の神経と呼ばれています。この2つ神経は、拮抗支配というシーソーの様な関係で2つがバランスを取りながら、調節を行っています。拮抗支配という協調しながら調節を行っているのですが、交感神経と副交感神経は別々な経路で目的部位に神経を伸ばします。

自律神経の機能

交感神経や副交感神経は意識に関係なく、内臓や血管・汗腺などをコントロールしていますが、これらは様々な環境や外的要因・精神的要因でより細かな調節を行っています。

環境的要因

気温が低い 体温を保持または上げる光が眩しい 目に光が入り過ぎるので瞳孔を狭める

外的要因

食事を摂る 胃の消化液を出す冷たい水を触る 鳥肌が立つ運動をする 脈拍が早くなる・呼吸が早くなる

精神的要因

悲しいことがある 涙が出る緊張する 脈拍が早くなるなどの行動がおこります。これらは、自動的調節でありますが何らかの影響を受けることで自律神経が行動をおこし、身体に変化を与えます。

体内時計が自律神経の調節のキーワードになります

体内時間

自律神経の調節で基準となるのは時間です。自律神経が交感神経と副交感神経に別れていることは前でお話ししましたが、この2つの神経は昼の神経、夜の神経とも言われ、体内時計を司る神経です。体内時計が狂うことにより、身体の調節機構が上手く働かなくなっていると言えます。

現代は、化学の発達と共に光を生み出すことに成功しました。とても便利な照明で今では手放すことができません。これは、自然な体内時計を乱し始める一歩となっています。夜に照明で昼と同じように行動できるため、夜中でも人は平気で起きていられます。また、繊維の発達によりカーテンも遮光のものが増えてきました。自由な時間に朝を作ることができます。これらが体内時計を狂わせていると言わざるをえません。

本来、太陽が昇れば朝で、太陽が沈めば夜になりますが、今の我々は照明や遮光カーテンで自由に調節します。

朝日を浴びることから始めましょう

朝日

体内時計を自然に合わせることが第一歩です。精神的ストレスや気候の変化などで自律神経が乱れることも当然ありますが、交感神経と副交感神経の特性から考えると、睡眠の乱れを改善することが最優先です。

体内時計を合わせるためには、一日のスタートである朝日が重要です。スタートがあるからゴールがあります。日中に太陽を浴びることより、朝日が大切なのです。遮光カーテンではなくレースのカーテンで睡眠することがお勧めです。眠くても、日中は夜の睡眠に備えて昼寝は避け、夜には早めに就寝するようにしましょう。眠りにつくのが遅いために、朝も遅いでは体内時計の調整がききません。そのため、朝起きる時間を逆算し、眠りにつくことをお勧めします。

人は自然の中で生きています。自然に逆らわない自然と共に時間を刻んでいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください